爪水虫を撃退する術を知りましょう|究極の解消方法を指南

医者

爪が白癬菌に感染したなら

レディ

爪水虫こと爪白癬は、爪が白癬菌に感染することで発症する水虫で、爪がぼろぼろになったり白く濁ったりするという特徴があります。おもに足の親指にできることが多いですが、その状態で素足で歩いたりすると他の人への感染の引き金にもなるため、厄介な病気です。

View Detail

白癬菌をやっつける方法

ドクターと看護師と患者

白癬菌に感染して起きる感染症には爪水虫があり、内服薬や外用薬などの治療法が一般的です。最近では、レーザー治療が早く治せることで人気を集めています。この症状は完治しても再発することがあるため、患部を清潔に保ちケアしていくことが大切です。

View Detail

イチオシリンク集

  • クリニーク大阪心斎橋

    長期的効果を実感することができるようになっているので美容皮膚科を大阪で通いたいと検討しているときはここからとなっています。
  • 新宿駅前クリニック

    通院に便利な場所になるので要チェック。西新宿で皮膚科をお探しであれば、こちらのクリニックに注目してみると良いでしょう。

白癬菌を退治する方法

医療従事者

清潔を心がける

爪水虫は皮膚内で繁殖していた白癬菌が、更に進行して爪の中にまで侵入して繁殖してしまった状態になります。この爪水虫は、通常皮膚に出来る水虫とは違って症状に気づきにくく、気づいたころにはかなり進行してしまっている場合があります。爪水虫の初期症状は、爪がただ白っぽく変色するだけです。しかし、症状が進行すると、黄色や黒っぽくなることもあり、爪はでこぼこになりもろくなる場合があります。爪水虫になると治りが悪く、完治までに膨大な時間を要することもあります。症状を早く改善するためには、足元は常に風通しを良くして、靴下はこまめに取り換えると良いでしょう。また、毎日水虫専用の石鹸などで患部を綺麗に洗い薬を塗って、地道に治していく必要があります。

内服薬は体質を考える

爪水虫が疑われる場合には、早めに皮膚科を受診して治療を受ける必要があります。皮膚科では、外用薬を中心に処方されますが、症状が酷い場合には内服薬を使うことも多くあります。外用薬を使う場合は問題ありませんが、内服薬の場合はその患者の体質によっては複数の副作用が出ることもあると言われています。主な副作用には、腹痛や下痢、貧血などの症状があります。そのため、体質に合わせて内服薬を処方してもらう必要があります。爪は平均約1年ほどかけて生え変わると言われているため、新しい爪が生えてきたら完治することが多いです。爪が生え変わるまでは、しっかりと治療を続けて根気よくケアしていくことが大切になるしょう。

感染の場所と治療法

先生と患者

白癬菌が皮膚に感染すると、皮膚に変化が生じるためにたいてい皮膚科に受診します。しかし爪に感染した爪水虫の場合にも、皮膚科が治療を担当するのです。皮膚の水虫の場合には抗真菌剤の塗り薬を、爪水虫の場合には抗真菌剤の飲み薬を選択します。また爪水虫は、長期間飲み薬を服用して、根気よく治療することが大切です。

View Detail