爪水虫を撃退する術を知りましょう|究極の解消方法を指南

看護師

白癬菌をやっつける方法

ドクターと看護師と患者

レーザーで治療する

爪水虫は、水虫の原因となる白癬菌が皮膚だけにとどまらず、爪の中にまで侵入してしまった状態のことを表します。この症状を治療するためには、内服薬が使われますが副作用のリスクがあるため体質によっては服用できない場合があります。外用薬を使う治療法もありますが、このような薬は爪に浸透しにくいため、完治するまでには多くの時間がかかるとされます。そのため、最も効果的なのがレーザー治療です。レーザーを患部に当てれば、副作用もなく回復期間も比較的早いため、人気の治療法と言われています。爪水虫の治療は長引く場合があるため、出来るだけ早く治したい人や安全な方法で治療したい場合に適しています。

再発を防止する

爪水虫の原因である白癬菌は、あらゆるところに存在する菌になります。理由には白癬菌が、皮膚や爪、髪などにあるケラチンというタンパク質を餌としているからです。そのため、一度完治しても白癬菌が活発になりやすい環境になればいつでも感染して繁殖します。再発を防止するには、日頃から湿気が溜まらないように通気性を良くしておくことです。足元は体の部位でも特に蒸れやすく通気性が悪くなりがちです。靴下や靴を通気性の良いものに変えて、毎日入浴する際には薬用せっけんで指の間を乾かせば、発症するリスクを減らすことが出来ます。家族間で感染しやすくなるので人との接触は控えて、爪水虫におかされた爪にも素手で触れないよう気を付けて消毒することが肝心です。